東京中央郵便局の風景印 東京駅舎とKITTE(JPタワー)を描く、丸の内の今を表した風景印!

東京駅に訪れた際にはぜひ立ち寄りたい、東京中央郵便局の風景印をご紹介します!

スポンサーリンク

風景印のデザイン

東京駅の駅舎とJPタワーが描かれています。

JPタワーとは、かつての東京中央郵便局の敷地に建設された高層ビルです。商業施設である「KITTE」がオープンした際はメディアにも多数取り上げられ、今でも多くの観光客などが訪れています。

JPタワーの完成とともに2012年に東京中央郵便局が移転し、現在のデザインになりました。それ以前は東京駅のみが描かれたデザインでした。風景印は新たな名所の設立や状況の変化でデザインが見直されることがあります。旧デザインの風景印は廃止後に入手することができませんので、もし気になる風景印を見つけた場合はすぐに手に入れるようにしましょう!

所在地(郵頼申込み先)

東京中央郵便局の所在地は次のとおりです。郵頼(郵便による押印依頼)をする場合は「記念押印担当」あてに発送するとよいでしょう。

東京中央郵便局の住所
〒100-8994
東京都千代田区丸の内2-7-2

東京駅の丸の内口を出てすぐのKITTEの中にあります。

なお、風景印の入手方法については次の記事でご説明しています。もちろん、実際に訪問しなくても風景印を入手することができます。

消印の集め方 郵便局に行かなくても消印を押してもらうには?
遠くの郵便局の消印がほしい! 「富士山頂の郵便局の消印がほしいけど、登るのはちょっと…」 「くまモンの消印があるらしいけど、熊本...

東京中央郵便局周辺のオススメをご紹介

東京中央郵便局の風景印を手に入れたら、周辺の観光も楽しみましょう!

KITTE

東京中央郵便局の風景印にも描かれている「JPタワー」内の商業施設です。お洒落な雑貨やカフェが入っているほか、旧東京中央郵便局の局長室が無料で一般公開されており、1930年の竣工当時の様子の写真を展示しています。
歴史ある雰囲気を感じるだけでなく、旧局長室は東京駅駅舎の絶好のビューポイントでもあります。歴代の局長しか見ることのできなかった風景をぜひ目にしてみましょう!

また、KITTEには無料の博物館も。「JPタワー学術文化総合ミュージアムインターメディテク」は日本郵便株式会社と東大が運営しており、入場無料です。歴史ある学術標本や研究資料が展示されています。有料となるとなかなか足が進まない場所かもしれませんが、剥製標本などは迫力もあり、かなりのボリュームです。気軽に入ることができますので、一度足を運んでみてくださいね。

東京駅一番街

東京中央郵便局のある丸の内側ではなく、東京駅の八重洲口側にある商業施設です。様々なショップやレストランが入居しており、駅の中だけでも1日過ごすことができてしまいます。中でも、毎日行列が絶えない六厘舎をはじめ人気ラーメン店8店舗が集結する「東京ラーメンストリート」、NHKやキー局のオフィシャルショップやハローキティやウルトラマンなど人気キャラクターの専門店が並ぶ「東京キャラクターストリート」がオススメです。期間限定のショップもあるので、下調べをした上で東京駅を満喫しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る